トップ / 外出後の布ナプキンの洗い方

外出時の布ナプキン

外出後の布ナプキンの洗い方

地球に優しい布ナプキンの洗い方

布ナプキンは、正しい扱い方をすることができれば、想像以上に長持ちします。仮に月に3回程度使用すると考えると、5年くらいはもつと言われています。気持ち良く布ナプキンを使い続け、更に耐久年数を伸ばす為に正しい洗い方をマスターしましょう。

外出後持ち帰った使用済みの布ナプキンは、すぐに水を張ったバケツなどに浸け置きするようにします。この時、汚れを先に軽く水洗いしてから、少し洗剤を入れたお風呂のお湯くらいのぬるま湯に浸けると、更に汚れが取れやすくなりお勧めです。半日程度そのまま浸けておいても良いですし、時間がない時は数時間でも良いでしょう。洗う時は優しくもみ洗いをしてください。これでキレイになったら、後はすすいで乾かせば良いですし、まだ汚れが取れないような時は石鹸などを使って洗ってみると良いでしょう。

布ナプキンは、手洗いでも洗濯機を使って洗っても大丈夫です。但し、手洗いをする際はあまりゴシゴシ洗わないのがナプキンを長くもたせるコツです。また、使う洗剤は環境を考えたセスキ炭酸ソーダがお勧めです。これなら血液も落ちやすいですし、洗濯が楽になります。セスキ炭酸ソーダを使って一日以上浸けるような時は、途中一旦ナプキンを取り出しすすいでから、新たに作ったセスキ炭酸ソーダ水に浸ける方が汚れが落ちやすくなります。柔軟剤は使わないことをお勧めします。柔軟剤を使うと、吸水性が弱まってしまう可能性があります。

最後に干し方についてです。洗った布ナプキンは、できるだけ天日干しするようにしましょう。こうすることでニオイも消すことができますし、殺菌効果も期待できます。いずれにしても、布ナプキンはしっかりと乾かしてから使うことがポイントです。清潔で爽やかな安心なものを使い続けたいですね。

Copyright © 布ナプキンの体と環境のメリット. All rights reserved.